わかりやすい!個人事業主の確定申告のやり方

確定申告する時期と提出方法

個人事業主になって収入を得た場合、確定申告を行わなければなりません。まずいつ確定申告しなければならないかというと、個人事業では1月1日~12月31日までの1年間の会計結果を翌年の2月16日~3月15に間に行います。
ただし、個人事業主が専業の場合、1年間の所得が38万円以下であれば確定申告する必要はありません。個人事業主が副業の場合でも20万円以下の所得であれば確定申告する必要はないのです。
確定申告の書類を出す方法は、直接税務署に行って提出する方法と郵送する方法、e-taxで電子申告する方法の3つがあります。電子申告で提出する場合は、事前に申請が必要な上、認証に必要な機器を購入しなければならないので注意が必要です。

白色申告と青色申告について

個人事業の確定申告には、白色申告と青色申告の2種類の申告方法があります。白色申告は手続きは簡単なのですが特にこれといった特典はなく、青色申告は手続きが少し複雑になりますが、65万円の特別控除によって節税することができます。個人事業主の確定申告の場合、何も申請しないと自動的に白色申告になってしまうので注意が必要です。青色申告で確定申告したいのであれば事前に申請することを忘れないようにしましょう。
白色申告と青色申告では提出する書類が異なります。白色申告で提出する場合は、収支内訳書と確定申告書B(+添付書類)が必要です。青色申告で提出する場合は青色申告決算書と確定申告書B(+添付書類)が必要となります。

人生の大半を会社に捧げているサラリーマンにとって、独立するのは思っているほど容易いものではありません。